スポンサーサイト
--/--(--) --:--|スポンサー広告|-|-|edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秀吉怒涛の天下統一(GJ66)のサマリー
06/16(Sat) 14:35|日本史comment(0)trackback(0)edit
難しいルールはないのでどうしようか迷ったが、反秀吉陣営の勝ち筋がみえるまではプレイしそうなのでサマリーを作りました。
サマリーを作ると、ルールの確認、理解が進みます、
1.大名の降伏条件は、本拠を支配されても降伏することはなく、全ての軍勢の除去のみなので、ルールを間違っていました。
2.そうすると、動員条件が緩いので、一撃で除去されない大戦力ならば、かなり持ちこたえれるはず。
 神戸、北畠、滝川、佐々などは、本拠にこだわらす集中させてしまうというのも手か?
3.島津や長宗我部は、移動力が足りないため、毛利、宇喜多がいる限り、九州、四国から出られないかなと思いこんでいましたが、海域エリアで止まってはならないというルールはないので、本州へ上陸させることができそうです。
4.攻撃をキャンセル、反撃される戦略カードは、島津の釣り野伏せを除けば伏兵の1枚のみなので、攻撃はあまり警戒しなくても良いかもしれないということも判りました。
5.これに関連して、ターン終了時の捨て札はカードをオープンで捨てるのか否かがルールで明確ではないと気付きました(通常オープンなので、明記がなければオープンで捨て札というのが常識的な判断かと思います)。

   sum-秀吉天下統一
関連記事
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。